ひらがなもインプットしたらアウトプットが必要です!書き書きしりとり

公文に通って早、一か月が経ちました。

公文の効果はよく、出ていると思います。

4歳4カ月のさくらの場合、最初はひらがなの単語を読んでいたのですが、今では20字くらいの文章をすらすら読んでいます。

 

なので最近では寝る前の絵本はさくらに読んでもらうことに!

漢字には振り仮名が振ってあるし、カタカナも読めるのでほぼ、一人で完璧に読めます。

 

長続きするか心配でしたが、まだ楽しんで行ってるので一安心。

 

 

「読み」は、寝る前の絵本で復習してますが、「書き」は難しいのか、なかなか復習{アウトプット}が出来ていませんでした。

 

しかし!

 

今日、じいちゃんとやっていたしりとりがとっても、いいなと思い記事にすることにしました。

 

紙に書きながらしりとり、その名も「書き書きしりとり」です♪

公文の宿題でも「書き」は一番めんどくさそうにやっていて、たまに休憩が入ったりするのですが、

この「書き書きしりとり」は、書くところが無くなるまで楽しみながら長い時間やっていました。

 

ゲーム感覚でやるのがとっても楽しいみたいです。

 

たまに左右逆のひらがなもありますが、前よりもその数は減りました。

定期的にやって、覚えたひらがなを使う機会を作りたいと思います。

 



お読みいただきありがとうございました。
ぽちっとして頂けると励みになります!!
教育関連blog一覧もこちらから↓
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村